HOME  >  広報誌「JOINT」

助成の事例

広報誌「JOINT(ジョイント)」

トヨタ財団の活動や考えをより多くの方々にお伝えすることを目的として、年3回発行している広報誌です。
JOINT29号が1月25日に発行されました。

JOINT+NO29表紙 ▲ No.29 表紙

JOINT定期送付のお申し込み

最新号!
「JOINT」第29号の掲載内容

  1. [FIRST WORD]小平信因
    新年のご挨拶
  2. [国内助成プログラム インタビュー]田中惇敏
    課題解決の方法は大事、おもしろいことをやっていく
  3. [国際助成プログラム インタビュー]海老原周子
    見過ごされがちな価値や可能性と世の中をつなぐ存在でありたい
  4. [研究助成プログラム インタビュー]新保奈穂美
    都市内農園を多様な人々が気楽に付き合える空間にしたい
  5. [イニシアティブプログラム インタビュー]高城芳之
    NPOも学生もみなが成長し層の厚みを増やしていく
  6. [国際助成プログラム 寄稿]チュープ・サラーン
    移民ユースのエンパワーメント
  7. [活動地へおじゃまします!]比田井純也
    人口8名4世帯の限界集落、竹原集落の持続のために
  8. [山岡義典さんと語る]佐藤綾乃
    未来のストーリーを描き共有する人を増やす
  9. [「私」のまなざし23]髙村加珠恵
    入管収容の現場から真の「共生」の可能性を探る
  10. [お茶っこ通信 第十回 ]加賀 道
    昔も今も人は自然と共に生きている
  11. [トヨタ財団ジャーナル]
    ・OPINION
    ・2018年度国際助成プログラム助成金贈呈式を開催 他

発行済のJOINT(PDF版がご覧いただけます)

「JOINT」において、インタビューや座談会で紙面に載せきれなかった情報を追加した拡大版です。

活動地へおじゃまします!

「JOINT」の連載記事。プログラムオフィサーが助成プロジェクトの現場を訪問し、そこでの印象や見聞、および現況を写真とともに報告します。

OPINION

「JOINT」の連載記事。プログラムオフィサーが日々の助成業務を通じて感じ、考えたあれこれを自由に綴るエッセイです。

このページの先頭へ

このページのトップへ