HOME  >  特定課題  >  2021年度  >  プロジェクト成果物レポート  >  研究報告が京都新聞社に掲載されました(特定課題)

  • 特定課題 ctgr99 ctg99 ctg06

    プロジェクト成果物レポート

情報掲載日:2021年8月17日

2018年度特定課題:先端技術と共創する新たな人間社会助成対象プロジェクト「人間と計算機が知識を処理し合う未来社会の風土論このリンクは別ウィンドウで開きます 」(代表者:熊澤 輝一氏、D18-ST-0043)の研究報告が「京都新聞」に掲載されましたのでお知らせします。

本プロジェクトでは、京都北部の宮津天橋高等学校で「未来会話からつくる社会」のガイドブックを使って、開発者の三村豊氏が講義とワークショップを実施しました。そのときの様子を京都新聞(丹後中丹面)にて紹介しています。今後は、このような活動を宮津の行政担当者や他の高校でも実施できないか模索検討中です。

●記事については以下からご覧いただけます。
京都新聞社「SDGsから地域課題学んで」
記事は、京都新聞社のご協力を得て掲載しております。個人的な利用を目的とする印字・保存等、その他著作権法で認められる場合を除き、著作物等を著作権者等の事前の許諾なしに、複製、公衆送信、頒布、改変、他のウェブサイトに転載するなどの行為は著作権法で禁止されています。

このページのトップへ