HOME  >  研究助成プログラム  >  2012年度  >  プロジェクト成果物レポート  >  2006年度研究助成プログラム助成対象である宇田有三氏の写真集『Peoples in the Winds of Change 1993-2012』がミャンマーで発行されます。

プロジェクト成果物レポート

2006年度研究助成プログラム助成対象である宇田有三氏の写真集『Peoples in the Winds of Change 1993-2012』がミャンマーで発行されます。

情報掲載日:2013年1月25日

2006年度研究助成プログラム助成対象である宇田有三氏の写真集『Peoples in the Winds of Change 1993-2012』がミャンマーで発行されます。

フォトジャーナリストである宇田有三氏は、1993年以来20年近くミャンマーの取材を続けています。その取材で撮りためた写真を掲載した写真集が今回ミャンマーで発行されることになりました。

当財団では、宇田氏が実施した「命の尊厳を求めて―写真撮影を通して現代ビルマ(ミャンマー)の実態と今後を追う」というプロジェクトに対して2006年度に研究助成を行っています。当該助成プロジェクトの概要については、助成対象検索ページでD06-R-0594と入力して検索してください。

今回発行される写真集は、民政移管後にミャンマー当局の許可を得て、外国人がミャンマー国内で発行する初めての著作物(写真集)であり、ミャンマー最大の新聞である「The Myanmar Times」の出版部「Myanmar Consolidated Media」から発行されます。文章は、ミャンマー語と英語の併記。ミャンマーの市井の人々の暮らしをおさめた写真が多数掲載されています。

2月上旬には、ヤンゴンなどミャンマーの主要都市の書店で販売開始、後日、日本での販売も予定されているそうです。

また、1月30日発行の当財団広報誌「JOINT」11号に宇田氏より「ボジョーとの再会の約束」と題した記事を寄稿していただきました。
広報誌「JOINT」の購読(無料)を希望される方は、JOINTページより購読の申し込みをしてください。

宇田有三氏の写真についてご関心のある方は、宇田有三氏のウェブサイトをご覧ください。

このページのトップへ