HOME  >  その他のプログラム  >  イニシアティブプログラム  >  イベント等のお知らせ  >  10/15ワークショップ「フィールドワークを通じた世界観の形成に向けて―科学と感性の架橋―」が開催されます(イニシアティブプログラム)

イベント等のお知らせ

10/15ワークショップ「フィールドワークを通じた世界観の形成に向けて―科学と感性の架橋―」が開催されます(イニシアティブプログラム)

  • イニシアティブ ctgr04i

    イベント等のお知らせ

情報掲載日:2016年10月11日

2016年10月15日(土)、早稲田大学国際会議場(第3会議室)において、ワークショップ「フィールドワークを通じた世界観の形成に向けて―科学と感性の架橋―」が開催されます。

このワークショップは、2015年度イニシアティブプログラムの助成によるプロジェクト「アジアにおける関わりの多様化に対応した市民研究プログラムの構築」(代表者:長田紀之氏  助成番号:D15-PI-0003)の一環として開催されるものです。本プロジェクトは、長期的にアジアに関心を持つ研究者や一般市民の方を「アジアに関わる市民」として、これらの人びとが世代、業種、専門を越えて交流・議論する場を創り出し、アジア諸国と日本との持続的な関わりの拠点とすることをめざしています。

ワークショップの趣旨およびプログラムについては、以下をご覧ください。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
「フィールドワークを通じた世界観の形成に向けて―科学と感性の架橋―」

■日時:2016年10月15日(土) 13:00〜17:30

■場所:早稲田大学国際会議場(第3会議室)

■趣旨:

プロジェクト「アジアにおける関わりの多様化に対応した市民研究プログラムの構築」では、学究的関心をもって長くアジアに関わる研究者や一般市民の方をアジアに関わる「研究する市民」と考え、これらの人びとが世代、業種、専門を越えて交流・議論する場を創り出し、アジア諸国と日本との持続的な関わりの拠点とすることをめざしています。

幅広いフィールド経験に基づく豊かな世界観をもつことは、感性を磨き、広い視野をともなった総合力や有意義な問いを見つけることにつながります。こうした感性は、職業的研究者にとってのみならず、学問的態度を尊重しながら社会の課題に取り組もうとするすべての「研究する市民」にとって大切なものではないでしょうか。

本ワークショップでは、長年にわたって研究の実践を積み重ねてきた方々をお招きして、幅広いフィールド経験が自身の研究にどのような作用をもたらしてきたのか、お話しいただきます。

(どなたでもご出席いただけますが、ご出席の場合には、10月14日(金)正午までに当会メールアドレス(info@anoukai.com)へご連絡いただけますようお願い申し上げます。)

※ウェブ案内はこちら
※ポスターはこちら

このページのトップへ