HOME  >  その他のプログラム  >  社会コミュニケーションプログラム  >  プロジェクト成果物レポート  >  報告書「まちに”小さな主人公”が育つしかけとは? NPOインターンシップラボシンポジウム2019」のご紹介(社会コミュニケーションプログラム)

プロジェクト成果物レポート

報告書「まちに”小さな主人公”が育つしかけとは? NPOインターンシップラボシンポジウム2019」のご紹介(社会コミュニケーションプログラム)

  • コミュニケーション ctgr04c ctg04 ctg06

    プロジェクト成果物レポート

情報掲載日:2020年1月6日

画像をクリックすると報告書全体をご覧になれます

 2018年度社会コミュニケーションプログラムの助成プロジェクトとして実施された「NPOインターンシップラボ」(代表者:特定非営利活動法人アクションポート 横浜 高城 芳之氏、助成番号:D18-SC-0001)が開催したシンポジウムの報告書が刊行されました。
 
この報告書の元となったシンポジウムは昨年の9月16日に青山学院大学で開催されました。
「まちに”小さな主人公”が育つしかけとは?」と題し、2つのパネルディスカッションを通じて、議論を深め、地域で学生の育成に関わっている実践者や学生とNPOのコーディネーションに関心のある多様な立場の方が集まり、皆でNPOインターンシップについて考えていくとても良い機会となりました。
沢山の方にこの報告書をご覧いただきたいと思います。

報告書名 「まちに“小さな主人公”が育つしかけとは?」
編集・発行 NPOインターンシップラボシンポジウム実行委員会
お問合せ先 NPO法人アクションポート横浜
このページのトップへ