HOME  >  国際助成プログラム  >  2019年度  >  財団イベント・シンポジウムレポート  >  シンポジウム「学びあいから共感へ~私たちはいかに社会と対話してきたか」を開催しました(国際助成プログラム)

財団イベント・シンポジウムレポート

シンポジウム「学びあいから共感へ~私たちはいかに社会と対話してきたか」を開催しました(国際助成プログラム)

  • 国際助成 ctgr03 ctg03 ctg07

    イベント・シンポジウムレポート

情報掲載日:2020年2月14日

画像をクリックするとPDFファイルが開きます

公益財団法人トヨタ財団は、東京大学多文化共生・統合人間学プログラム(IHS)と共催で、シンポジウム「学び合いから共感へ~私たちはいかに社会と対話してきたか」このリンクは別ウィンドウで開きますを2020年2月7日(金)および8日(土)、東京大学駒場キャンパス(18号館ホール)にて開催しました。 

トヨタ財団国際助成プログラムの助成対象者6名と東京大学IHSの教員および学生が登壇したシンポジウムでは、国境や立場の違いを超えて協働する意義や価値、難しさ、またその先に見据えるもの等について、それぞれの取り組みやその経験から得た学び等が紹介されました。

2日間でのべ130名を超える方々にご参加いただき、シンポジウムのプログラム終了後も、登壇者と参加者、また企画側の関係者の間で、多くの熱を帯びた意見が交わされていました。

詳細につきましては2020年4月頃完成予定の報告書をご覧ください。
報告書は完成次第、このページにアップします。

会場の様子

トークセッション

登壇者の皆さまと一緒に

このページのトップへ