HOME  >  国内助成プログラム  >  2019年度

未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティ ―地域に開かれた活力ある課題解決の仕組みを通じて―



成果報告書「未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティ ―地域に開かれた仕事づくりを通じて」

画像をクリックするとPDFファイルでご覧いただけます

この度、昨年に引き続き国内助成プログラムにて助成させていただいたプロジェクトの成果報告書を作成いたしました。

今回の報告書には2015年度(昨年の報告書に未掲載だったプロジェクト)、2016年度「そだてる助成」2017年度「しらべる助成」「発信・提言助成」のプロジェクトが掲載されています。

画像をクリックしていただくとPDFファイルでご覧いただけます。
※冊子の体裁で印刷される場合にはこちらをご活用ください ・part1このリンクは別ウィンドウで開きます・part2このリンクは別ウィンドウで開きます


一般助成(しらべる助成/そだてる助成/発信・提言助成)概要

<趣旨>
トヨタ財団の国内助成プログラムでは、今年度は「未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティ ―地域に開かれた活力ある課題解決の仕組みを通じて―」をテーマとして公募を実施します。
助成カテゴリーは昨年度と同様で、地域の実態を明らかにする調査およびその結果を踏まえた事業戦略の立案に取り組む「しらべる助成」と、多様な主体と共に地域の課題解決の仕組みづくりやその担い手の育成に取り組む「そだてる助成」で公募を実施します。
併せて、過去(2009年度〜)に「国内助成プログラム」の助成を受けたプロジェクトが、その成果やそこから明らかになった課題に基づき、社会の仕組みや価値観を変えることをめざして実施する政策提言や社会提案などに取り組む「発信・提言助成」を非公募で実施します。
日本社会が直面する課題を乗り越え、さらにはその在り方を問い直して新しい価値の提案や創造につながるような先駆性や躍動感ある営みが、全国各地で展開されることを期待しています。

応募受付期間 2019年8月19日(月)午前9時〜9月30日(月)午後3時 
助成総額 1億1,000万円(しらべる助成:約2,000万円、そだてる助成:約8,000万円、発信・提言助成:約1,000万円)
助成カテゴリー A.しらべる助成:地域や人々を取り巻く環境や生じている課題を明らかにする「調査」、およびその結果を踏まえた「事業戦略の立案」までの【調査活動】への助成
B.そだてる助成:地域の実態を踏まえ、地域に関わる多様な人々や組織と共に課題解決の仕組みづくりや未来の担い手育成に取り組む【事業】への助成
C.発信・提言助成:過去に助成を受けたプロジェクトの成果やそこから明らかになった課題に基づき、社会の仕組みや価値観を変えることをめざして実施する政策提言や社会提案などに取り組む活動への助成
助成額 A.しらべる助成:上限 100万円/件
B.そだてる助成:上限なし(過去3年間の実績平均654万円/2年)
C.発信・提言助成:上限 600万円/件
※助成額を含む助成内容は選考委員会での選考を経て決定します。
助成期間 A.しらべる助成:2020年4月1日から2021年3月31日(1年間)
B.そだてる助成:2020年4月1日から2022年3月31日(2年間)
C.発信・提言助成:2020年4月1日から2021年3月31日(1年間)
対象となる組織 AおよびB:40代までのメンバー1名以上を含む、プロジェクト実施に必要な人材や組織で構成されたチーム(※運営の中心を担う組織の法人格の有無や種類は問いません。)
C:過去(2009年度〜)に「国内助成プログラム」の助成対象者
助成の決定 外部有識者(学識経験者およびNPO関係者)によって構成される選考委員会の書類審査を経て、2020年3月に開催予定の理事会にて決定

A.しらべる助成

2019年度の公募は締切ました

募集要項(共通)
基本情報&企画書(サンプル)

B. そだてる助成

2019年度の公募は締切ました

募集要項(共通)
基本情報&企画書(サンプル)

C.発信・提言助成

過去(2009年度〜)に「国内助成プログラム」の助成を受けたプロジェクトが、その成果やそこから明らかになった課題に基づき、社会の仕組みや価値観を変えることをめざして実施する政策提言や社会提案などに取り組む活動に助成をします。応募をご希望の方は、応募方法をご説明致しますので事務局までご連絡ください。

【応募について】
・上段の「しらべる助成」、「そだてる助成」それぞれにあります「応募の受付はこちら」のバナーをクリックしてください
・応募エントリーのページに応募者情報(名前、メールアドレス)をご登録ください。
・登録完了後、「応募者ページ」から基本情報(Excel)ならびに企画書(Word)をダウンロードの上、ご応募ください。

郵送、Emailでの応募は無効となりますのでご注意ください。

年間スケジュール

7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
募集告知   応募受付期間 書類審査 ヒアリング・選考委員会 選考結果通知 助成金贈呈式
助成金第一回送金

よくあるご質問について

ご応募に関してのご質問はこちらの「助成応募案内FAQこのリンクは別ウィンドウで開きます」をご参考にしてください。

公募説明会について

開催が決まりしだい、適宜情報を更新いたします。こちらをご覧ください。
(番号をクリックすると詳細ページに移ります)

日時 開催地 会場 お問合せ先 その他
1 7月4日 鳥取市
鳥取県立生涯学習センター
とっとり県民活動活性化センター 電話 0858-24-6460
E-mail info@tottori-katsu.net
詳細情報 開催報告レポート
2 7月5日 米子市 米子コンベンションセンター
※3 7月26日 岐阜市 みんなの森 ぎふメディアコスモス かんがえるスタジオ 特定非営利活動法人ぎふNPOセンター 岐阜市藪田南5-14-12 シンクタンク庁舎内 Tel. 058-275-9739 Fax. 058-275-9738e-mail npo@gifu-npocenter.org 詳細情報
4 8月28日(水)
18:30-21:00
札幌市 市民活動プラザ星園 NPO法人北海道NPOサポートセンター 札幌市中央区南8条西2丁目5-74 
市民活動プラザ星園201号室
メール info@hnposc.net
TEL:011-200-0973 FAX:011-200-0974
詳細情報 開催報告レポート
5 9月3日(火)
18:00-21:00
大阪市 大阪ボランティア協会 大阪ボランティア協会 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F
市民活動スクエア「CANVAS谷町」
TEL 06-6809-4901 FAX 06-6809-4902
email: office@osakavol.org
詳細情報 開催報告レポート
6 9/6(金)
18:30-21:00
東京 日本財団ビル2階大会議室 日本財団CANPANプロジェクト 日本財団CANPANプロジェクト 藤川・山田
E-mail:canpanforum@canpan.jp

詳細情報 開催報告レポート
お申込等詳細はこちらのURLへ移動してご覧ください。http://blog.canpan.info/cpforum/archive/2007
7 9/7(土)13:30-18:30 福岡 福岡市NPO・ボランティア交流センター あすみん NPO支援財団研究会(事務局:公益財団法人 助成財団センター) 認定NPO法人アカツキ
info@aka-tsuki.org(永田・雪松)


詳細情報
8 9/19(木)
18:45-20:45
東京 新宿区立新宿
NPO 協働推進センター501会議室
(新宿区高田馬場 4 36 12
新宿区立
新宿 NPO 協働推進センター
電話:03-5386-1315
FAX:03-5386-1318
Email:hiroba@s nponet net
※毎月第二火曜日は休館日のため電話対応はできません。
詳細情報
9 9/28(土)13:00〜 鹿児島 鹿児島県鹿児島市山下町14−50 鹿児島県民交流センター 鹿児島県NPO法人連絡協議会/かごしまNPO支援センター

電話:(099)248-9760
FAX :(099)295-3678
E-MAIL:INFO@K-NPO.ORG
詳細情報

(1)※3、7は「NPO支援財団研究会」主催のシンポジウムの一部として弊財団の国内助成プログラムの説明をさせていただきます。

2019年度助成対象者

2019年度選考委員長選後評

2019年度選考委員長選後評は、こちらをご覧ください。

下記の一覧は、2020年2月17日当財団理事会決定時の情報です。

2019年度国内助成プログラム「しらべる助成」対象一覧

地域課題の発掘やその解決のために必要な調査、および事業戦略の立案など本格的に事業を実施する前の調査を目的としたプロジェクトへ支援しました。

助成番号 企画題目 代表者 プロジェクトチーム名 助成金 イベント/成果物
D19-LR-0007 農園のコミュニティガーデンとしての活用可能性―南足柄におけるアクションリサーチ ホルヘ・アルマザン 南足柄コミュニティガーデン創出プロジェクト 100万円
D19-LR-0011 離島のあたらしい放課後創造プロジェクト―屋久島を教育の先進地に! 福元 知晶 離島のあたらしい放課後創造プロジェクトチーム 100万円
D19-LR-0012 湖東三山地域の地域資源と地域間連携可能性の調査・発掘プロジェクト 蔭山 孝夫 湖東三山地域連携調査プロジェクトチーム 100万円
D19-LR-0017 非行少年の立ち直りを阻む壁―行先がなくて少年院を出院できない子どもたち 髙坂 朝人 全国再非行防止ネットワーク協議会 100万円
D19-LR-0033 子どもの権利をキーワードに世代を超えて繋がるコミュニティを「かわさき」で実現する 阿部 真紀 子どもの権利xかわさきの未来プロジェクト(エンパワメントかながわ) 100万円
D19-LR-0037 揖斐川流域春日地域におけるコミュニティ持続のためのなりわいづくり調査事業 神田 浩史 流域循環共生圏プロジェクト 100万円
D19-LR-0038 困難を抱える若者の課題解決のための体制作り―何度でもやり直せる共助社会をめざして 小野本 道治 SFD FUKUOKA 100万円
D19-LR-0041 スタディツアー開催に向けてのニーズ及び意識調査 岡川 絵美 一般社団法人鳥取県地域教育推進局 100万円
D19-LR-0044 “未来のバトン”プロジェクト―横浜を支えてきた大人たちから、中学生の君たちへ 武政 祐 よこはま「JOINT」計画(YJP) 100万円
D19-LR-0054 北海道の学校図書館に関する地域包括調査 荒井 宏明 北海道の学校図書館に関する地域包括調査プロジェクトチーム 100万円
D19-LR-0055 塩江町歴史資料館再建事業―変化し続ける、「生存の技法」資料館 立川 淳 アートを使った塩江町活性化プロジェクトチーム 100万円
D19-LR-0056 ひきこもり状態の若者が地域課題の解決を行う仕組みを作る為の事前調査 辻岡 秀夫 わらしべワークプロジェクト実行委員会 100万円
D19-LR-0058 若者向け環八郎湖環境学習プログラムの普及可能性に関する調査 鎌田 洋平 特定非営利活動法人はちろうプロジェクト 100万円
D19-LR-0063 みんなでつくるみどりの板室街道プロジェクト 星野 恵美子 みどり369プロジェクト 100万円
D19-LR-0082 住民参加型調査から始める多様な住民間の緩やかな関係づくり 塩根 仁 浅香地区安心・安全のまちづくりプロジェクト実行委員会 98万円
D19-LR-0085 次世代を担う人材創出―地域全体でつくる学びの場が未来をひらく 鈴木 玲子 エコエデュ 100万円

2019年度国内助成プログラム「そだてる助成」対象一覧

「未来に担い手と創造する持続可能なコミュニティ ―地域に開かれた仕事づくりを通じて―」をテーマとして、地域資源を活用し、地域課題に取り組む仕事の創出とその担い手の育成に取り組むプロジェクトを支援しました。

助成番号 企画題目 代表者 プロジェクトチーム名 助成額 イベント/成果物
D19-L-0013 ご近所の力を活かして、外国人住民とのフレンドリーな輪を広げよう 楊 淼 おとなりさん・ファミリーフレンド 734万円
D19-L-0042 地域のリソースをつなぐ農福連携 ―障害者雇用と多様な担い手によるユニバーサル農業 後藤 幸一郎 ユニバーサル農園 風の森ファーム 583万円
D19-L-0081 暮らしつなげるまちづくり診療所プロジェクト 新野 保路 暮らし診つける&つなげるまちづくり探検隊 596万円
D19-L-0125 国や県の境を越え、出逢いと学びのサイクルをドライブする九州ハイランドツーリズム 石井 勇 九州ハイランド共同体会議 744万円
D19-L-0131 江戸川みんなの防災プロジェクト―災害時、誰一人取り残さない地域へ 高橋 聖子 江戸川みんなの防災プロジェクト 655万円
D19-L-0153 徳島美波地域観光開発プロジェクト 東丸 慎太郎 徳島美波地域観光開発プロジェクトチーム 700万円
D19-L-0154 村民の“動くを楽しむ”をサポートする、にしあわくらモビリティセンターの立ち上げ 猪田 有弥 にしあわくらモビリティプロジェクト 740万円
D19-L-0161 高校生を中心とする地域をフィールドとした「探究学習」推進プロジェクト 小見 まいこ みらいの学び 創発ラボ 774万円
D19-L-0184 公営住宅コミュニティを支える新たな仕組みづくり―若者自立支援の実践を通じて 箭野 美里 ダンチ大学プロジェクト 976万円
D19-L-0193 「にんしん」をきっかけに、孤立せず、自由で幸せに生きていける東京を創造する 中島 かおり project HOME 961万円
D19-L-0213 認知症改善プログラム「農福リハビリ」の確立と新たな農福連携事業モデルの創造 岡元 一徳 都城三股農福連携協議会 720万円

2019年度国内助成プログラム「発信・提言助成」対象一覧

過去に「国内助成プログラム」の助成を受けたプロジェクトが、その成果やそこから明らかになった課題に基づき、社会の仕組みや価値観を変えることをめざして実施する政策提言・社会提案に関連する事業へ支援しました。

助成番号 企画題目 代表者 プロジェクトチーム名 助成金 イベント/成果物
D19-SC-0001 外国人も安心して老後を暮らせる地域社会をめざして 木下 貴雄 外国人高齢者と介護の橋渡しプロジェクトチーム 396万円

2019年度パイロットプログラム助成「市民参加促進プログラム」対象一覧

助成番号 企画題目 代表者 プロジェクトチーム名 助成金 イベント/成果物
<基盤強化助成>
D19-PI‐0006 「あたらしい学校応援団」で地域の力をひとつに!」 秋田 史津香 東京都町田市立第五小学校PTA 83万円
D19-PI-0007 多種多様な住民の参加で創り出す開かれたコミュニティの実現をめざして 山木 則男 うたせ認知症を考える会 100万円
D19-PI-0008 豊かな地域社会の創造に向けて人と組織が共に育つプロジェクト 古山 郁 認定特定非営利活動法人市民公益活動パートナーズ 100万円
D19-PI-0009 祭りも地域も守るまちづくりプロジェクト ―若者がつくるわがまちの未来 宮口 諒 岸和田市青年協議会 100万円
D19-PI-0010 次世代まちづくりプロジェクト ―支援される側から共に創る仲間づくり 長谷川 秀美 特定非営利活動法人ここからKit 99万円
D19-PI-0011 まちの縁側の普及と担い手を育むプロジェクトの推進 小林 博明 まちの縁側育みプロジェクトながの 100万円
<調査助成>
D19-PI-0012 地縁を活かしたコミュニティ活動団体の現状と今後の支援のあり方 保井 美樹 法政大学・現代福祉学部 300万円

2019年度選後委員長選後評

2019年度選後委員長選後評は、こちらをご覧ください。

成果報告書「未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティ ―地域に開かれた仕事づくりを通じて」

クリックするとPDFで内容をご覧になれます

国内助成プログラムにて助成させていただいたプロジェクトの成果報告書を作成しました。

今回の報告書には15年度「活動助成」、16年度「しらべる助成」「東日本大震災特定課題」のプロジェクトが掲載されています。

このページのトップへ