公益財団法人トヨタ財団

HOME  >  トヨタNPOカレッジ「カイケツ」  >  2017年度  >  トヨタNPOカレッジ「カイケツ」第2期第1回レポート

トヨタNPOカレッジ「カイケツ」

トヨタNPOカレッジ「カイケツ」第2期第1回レポート

情報掲載日:2017年6月2日


プログラム トヨタNPOカレッジ「カイケツ」
カテゴリNOctg08

トヨタ財団は5月18日、NPO向けにトヨタ自動車のマネジメント手法を伝える「トヨタNPOカレッジ カイケツ」の第2期目を開講しました。当日は公募で選ばれた17団体の経営層が参加しました。受講生は半年間、トヨタ自動車で業務品質改善を行う講師らの個別指導を受け、組織で抱える課題の改善に取り組んでいきます。初回講座をレポートします。

全国から集まったNPO団体の代表と講師らで集合写真 全国から集まったNPO団体の代表と講師らで集合写真

カイケツは昨年から始まり、今年度で2期目となります。トヨタ財団はでは「研究」「国際」「国内」の3分野でこれまでにした助成件数は7900を超えます。助成金を出すだけでなく、トヨタ自動車が持つマネジメント方法を生かして、NPOの活性化へつなげていくことを目的に企画しました。

第2期生となる17のNPOは青森や栃木、大阪、福岡など全国から集まりました。活動内容も、「子どもの貧困」、「若年層の自殺対策」、「フードロス」、「LGBT支援」など多岐に渡ります。それぞれの団体が抱える課題も、「業務の効率化」、「組織運営」、「会員集め」など異なります。

説明する古谷氏 トヨタ自動車の「問題解決」について説明する古谷氏

受講生たちは6回の講座を通して、それぞれの悩みを改善していきます。講師を務めるのは、トヨタ自動車の古谷健夫・業務品質改善部主査ら4人。受講生は6人1グループに分けられ、それぞれのグループに講師が一人就き、指導を受けます。

18日には、講師を務める古谷氏がトヨタ自動車の「問題解決」の考え方について講演しました。古谷氏は、「問題」についてこう定義しました。「設定してある目標と現実との間に存在する、対策して克服する必要のあるギャップ」。「目指す姿」と「現状の姿」の間にあるギャップが「問題」となります。

トヨタ自動車の品質管理の原点として、「G型自動織機(しょっき)」を紹介しました。これは創業者の故豊田佐吉氏が、「糸が切れたら止まる仕組み」にしました。止まることによって、問題が顕在化でき、その結果、品質管理につなげることができました。

古谷氏は、「異変が起きた時点で止まるので、その場で対策を立案できる。不良品を作らなくなる。自ら働くことから、自働化の原点」と強調しました。

会場の様子 会場は名古屋市にあるトヨタ産業技術記念館で行われた

品質については、「(対象とするものの)よしあし・値打ち」と定義しました。そして、「よしあし・値打ち」を決めるのは、サービスの提供者ではなく、受益者とし、だからこそ、「ばらつき・変化するもの」としました。

常に変化する品質に対応するためには、「標準の状態を把握することが必要」と説明して、具体的には、SDCA(標準化・実施・評価・処置)サイクルを回すこととしました。SDCAで日常管理を行い、品質の変化に気付いたら、PDCAで新たな価値を創造していく流れを伝えました。

トヨタ自動車の「問題解決」の8ステップ

古谷氏は問題解決の方法として、トヨタ自動車の「問題解決」の8ステップを挙げました。8ステップは下記です。

1「テーマ選定」:解決すべき対象を決めます。問題の重要性、問題が拡大傾向にあるか、問題の影響の大きさなど様々な観点から何を解決すべきかを判断します。経営者の重要な役割です。
2「現状把握」:現状の姿を客観的かつ定量的に認識すること。事実・データに基づいて伝えることがポイントです。
3「目標設定」:何を、いつまでに、どのようにするのかを具体的に決める。マイルストーンを置いて、取り組みの経過を可視化します。
4「要因解析」:なぜを繰り返して、真因を探ります。なぜを繰り返すことで、具体的な実施事項が出てくるので、論理的、合理的な解決策が期待できます。
5「対策立案」:対策内容を整理して、実行計画を立てます。5W1Hを明確にして、最も効果的と思われる対策案から手掛けていきます。
6「対策実行」:計画通りにやりきることが大切です。
7「効果確認」:対策内容への評価を行います。「対策をほとんど実施し、期待通りの成果が出た」「対策はほとんど実施したが、成果は得られなかった」、「対策はほとんど実施しなかったが、期待通りの成果が得られた」、「対策はほとんど実施せず、成果も得られなかった」の4つのパターンが考えられます。
8「標準化と管理の定着」:効果が出た対策の内容を標準化して、その後の取り組みに反映させていきます。こうすることで、同じ問題の再発を防いでいきます。

古谷氏は、問題を解決するためには、この「8ステップの理解」と「事実を客観的に把握し、共有すること」、そして、「品質管理とは製造過程の話ではなく、マネジメントそのものととらえる考え方」の3つの工程に尽きると言い切ります。

そして、この3つの工程を意識した上で、組織が目指す姿であるビジョンと使命(ミッション)を決めていくことが重要と強調しました。

電気通信大学の鈴木和幸教授の「問題なのは、問題があることではなく、それを隠し、そのまま潜在化させておくことである」という言葉を引用し、「異常が発見されたら放っておかずに素早い対応を取るべき。そのためには、経営陣にはコミュニケーションが取れるオープンな職場風土づくりが求められる」と伝えました。


(記事執筆 株式会社オルタナ 池田 真隆氏)

このページのトップへ