公益財団法人トヨタ財団

HOME  >  国際助成プログラム  >  2017年度  >  財団イベント・シンポジウムレポート  >  国際ワークショップ&シンポジウム「多文化社会―国際的な人の移動と多様性のあるコミュニティ―」開催報告掲載のお知らせ(国際助成プログラム)

財団イベント・シンポジウムレポート

国際ワークショップ&シンポジウム「多文化社会―国際的な人の移動と多様性のあるコミュニティ―」開催報告掲載のお知らせ(国際助成プログラム)

情報掲載日:2017年6月5日

cross culture
プログラム国際助成プログラム
カテゴリNOctg03 ctg07

トヨタ財団は、2013年度から2015年度までの3年間にわたって国際助成プログラムの主要な助成テーマの一つであった「多文化社会」につき、北東アジアと東南アジアの助成プロジェクト関係者を招聘し、2017年1月20日(金)~22日(日)に神戸にて視察・ワークショップおよび一般公開シンポジウムを開催しました。

本企画は、これまでの助成事業の成果となる各国での知見を取りまとめ共有し、各助成対象プロジェクト関係者同士の将来に続くネットワークの構築・強化を目的として行われました。同時に、実施に当たっては、2015年度フォーラム助成のプロジェクトメンバーである神戸大学国際文化学研究推進センター(Promis)・青山教授及び同センターと連携し、アジアにおける移住・移民に加えてヨーロッパ(地中海)における移民・移住についても相互に知見を取り入れる機会を提供しました。

全行程に同行いただき、視察先のコーディネートにも尽力いただいた原めぐみ氏(和歌山工業高等専門学校 総合教育科 助教)によるレポートを掲載いたしますので、画像をクリックしてダウンロードしてください。

このページのトップへ